ついにゲットしたセレコックス|噂の鎮痛剤で心に余裕

セレコックスの効果

鎮痛薬の中でもリウマチなどの関節痛に使用されているのはセレコックスです。
大手製薬会社ファイザー社から販売されているのですが、日本国内ではロキソニンと並ぶ二大巨頭となっています。
非ステロイド性の抗炎症薬に分類されている治療薬なのですが、COXに対して働きをかけてくれます。
炎症を起こす、プロスタグランジン(PG)の生成を抑えるのですが、この生成の為に必要なのがCOXとなります。
COXにCOX-1COX-2があり、ロキソニンは両方のCOXに作用してしまいます。
実はこのCOX-1は胃粘膜などの保護効果をしてくれるので、COX-1も阻害してしまうことにより、胃痛や胸やけを副作用として引き起こしてしまうのです。
ロキソニンを服用している人が胃薬も一緒に服用するのはこのCOX-1が大きくかかわってくるのです。
その点セレコックスはCOX-2にだけ大して働きかけてくれるので胃痛などの副作用が見られないのです。
COX-2は炎症や痛み、そして発熱を引き起こすのでこのCOX-2を阻害する事によって痛みだけを抑えることが可能なのです。
リウマチなどの重い関節痛は日常的に鎮痛薬を服用することになります。
リスクが少ないものを選択することによって、体への負担を軽くしてくれるのです。
リウマチは通常、完治しない症状ですので一生付き合っていく必要があります。
もちろん鎮痛剤は症状そのものを治療するわけではなく、痛みに対してのみ働きかけるので頓服薬として利用する人も多いです。
長期にわたって使用することはあまりお勧めされていませんので、長期の使用の場合は医師と相談しましょう。
妊娠中の服用は特に慎重で、ベネフィットとリスクの面でメリットが上回る場合のみ医師との相談で使用します。
妊娠末期に至ってはリスクのほうが高いので避ける必要があるでしょう。
セレコックスは他の関節痛などでも多く利用されています。
安全性や即効性が高い薬ですので、安心して使用することができます。
もちろん副作用などもまったくないわけではありませんので、使用方法は必ず守り、乱用などはしないでください。
今までに鎮痛剤などでアレルギーの症状が出た人は使用を避けるようにしてください。